看護師

手術より負担の軽い放射性治療|技術の進歩で効果が出やすく

「免疫の力」とがん治療

手

医療技術の進歩によりがん治療は目覚ましい進歩を遂げています。樹状細胞療法はがん免疫療法の一つで自らの免疫の力を高めることでがんを治療する新しい治療法です。大きな副作用も少なく体への負担も少ない治療法です。患者の状態に適した治療法の検討が最も重要です。

Read

自覚症状のない腎不全

聴診器

腎臓の機能が3割以下に低下する症状が慢性化したものが慢性腎不全です。これは尿毒症の危険性がある場合は透析治療が行われます。世田谷区の病院では送迎サービスなどを行うところもあります。腎臓病は食事療法も大切です。

Read

下痢や粘血便などの症状が

看護師

腹痛や血便などの症状が見られる潰瘍性大腸炎は20代から30代に多く見られる病気であり、元々は欧米人に多かった病気ですが日本でも多く見られるようになってきています。肉体的ストレスや精神的ストレスは潰瘍性大腸炎を悪化させる要因となるため、発症したら出来るだけストレスから遠ざかることが大切です、

Read

放射線の治療

病室

状態により方法は異なる

放射線治療では部分的に放射線を照射させることが多いので、始める前に腫瘍の位置と腫瘍の周囲にある組織の位置を把握します。その時に用いられる道具は治療計画装置というコンピューターやCTなどで、現代の技術力であれば正確な位置を知ることができます。腫瘍や周囲の組織の状態、患者の状態を考慮した上で放射線治療で使用する放射線量と回数を決めます。放射線治療を行う時は照射する位置がずれないように、金属で作られたフレームかプラスチック製のマスクで固定されます。照射方法には、外部照射と小線源治療があります。外部照射の治療時間は約10分から20分で、期間は週5日を数週間が一般的です。小線源治療では、数分・1日・1週間ほどかけて行われます。腫瘍や放射線量で時間や回数が異なり、針を用いた永久的な治療を行う場合もあります。

手術より苦痛や負担がない

放射線治療は副作用の心配をされることもありますが、切開や切除といった手術と違って体への負担が軽いことが注目されています。放射線治療の効果は人により現れ具合に差があるといわれていますが、最近は技術が進歩しているので一人一人の患者に合った放射線治療の選択がしやすくなっています。放射線治療にはガンマナイフやサイバーナイフなど種類があり、腫瘍のある部位で用いられる方法が異なります。医師が積極的に用いている方法はサイバーナイフで、その理由は決まった部位だけでなく色んな部位に対して有効という点と患者への負担と苦痛が少ない点にあります。ガンマナイフは脳腫瘍に効果的とされていましたが、ガンマより比較的新しいサイバーナイフでは脳腫瘍だけでなく肺や前立腺などの腫瘍にも有効です。また固定器具がガンマでは金属フレームですが、サイバーナイフではプラスチックマスクなので固定を苦痛なく行えることも良いところです。