医者

手術より負担の軽い放射性治療|技術の進歩で効果が出やすく

自覚症状のない腎不全

聴診器

糖尿病が原因の場合も

祖父が慢性腎不全だと診断され世田谷区の病院で長いあいだ透析治療を受けています。慢性腎不全とは腎臓の機能が3割以下に低下した症状が慢性化したもので、放置しておくと尿毒症になってしまいます。祖父の場合も最初は軽い尿毒症が出ていたのですが腎機能がギリギリ使えるまでは透析治療を控えていました。しかし尿毒症の症状が出始めたので透析を開始することになったのです。医師の話によると祖父の腎不全は持病の糖尿病が原因だとのこと。腎不全の自覚症状はほとんどないため祖父のように悪化してから初めてわかるケースも多いようです。透析を始める前は祖父が高齢のため送り迎えや付き添いなどの心配がありました。家族も皆仕事を持っているので時間を作るのも大変です。

食事療法も大切

世田谷区の病院では無料送迎サービスをしてくれるところも多くスタッフがケアしてくれるので付き添いの心配もありません。最初は高齢者なので治療に耐えられるか不安でしたが治療後の祖父はいたって元気なので安心しました。治療の流れは最初に血圧や体重を測定します。それからベッドに横になって透析が始まります。透析中はテレビを見たりして過ごすようです。透析が終わったらまた体重を測定するそうです。世田谷区のクリニックでは腎臓病の患者の食事についても指導をしています。腎臓病の患者はタンパク質やカリウムや塩分、水分などの摂取を控えることが大切です。これらの一日の必要量は医師によって指示されます。仕事が忙しくこれを毎日計算することは難しいので最近は世田谷区の宅配の腎臓病食を利用しています。