医者

手術より負担の軽い放射性治療|技術の進歩で効果が出やすく

下痢や粘血便などの症状が

看護師

20代から30代に多い

お腹が痛くなったと思ったら下痢だけではなく血便も見られるようになった場合、それは潰瘍性大腸炎である可能性があります。主に20代から30代に多く見られる病気であり、普通の血便ではなく粘血便と呼ばれる便が見られることもあります。若い人に見られることが多い病気ではありますが、それより上の50代から60代でも発症する人は少なくありません。症状が悪化すると腹痛や下痢だけではなく、貧血や発熱といった症状が見られることもあります。また、急激に体重が減少してしまうこともあります。一度症状が良くなったように見えても、数年すると悪化することも珍しくないのが潰瘍性大腸炎の特徴です。元々は欧米人に多く日本人には比較的少なかった病気ですが、最近では日本でも生活様式が欧米化していることから発症する人が多くなっています。

ストレスによって悪化も

大腸粘膜が炎症を起こしてただれてしまい、潰瘍が出来たりしてしまう病気が潰瘍性大腸炎です。異常な免疫反応によって大腸の粘膜が攻撃されてしまうことによって起きるとされていますが、潰瘍性大腸炎となってしまう正確な原因はまだわかっていません。しかし、潰瘍性大腸炎が悪化する要因は徐々にわかってきています。大きな要因としては肉体的なストレスや精神的なストレスが考えられています。ストレスは心身共に様々な悪影響を及ぼしますが、潰瘍性大腸炎もその一つと考えられています。治療を行っても良くなったり悪くなったりを繰り返すことが多い病気なので、潰瘍性大腸炎になってしまったら出来るだけストレスから遠ざかるようにすることが大切です。