医者

手術より負担の軽い放射性治療|技術の進歩で効果が出やすく

「免疫の力」とがん治療

手

体を守る免疫システム

私たちの体は常に細菌やウイルスなどの病原体や毎日体の中で生まれている数千個もの異常細胞の危険にさらされています。 しかし体を守る免疫システムが備わっているため病原体やがんのもととなる異常細胞は排除されて病気にならずに暮らせているのです。この免疫システムを担っているのがNK細胞、樹状細胞、T細胞などの免疫細胞集団です。 がん細胞は他の細胞にはない目印(がん抗原)をもっています。樹状細胞はがん抗原を取り込み、その情報をT細胞へ伝達します。T細胞は受け取った情報を元にがん細胞を見つけ出して攻撃します。つまり樹状細胞が司令塔となりT細胞が攻撃部隊という役割をもって連携しながらからだを守っているのです。 しかし何らかの原因でこのシステムの働きが弱まると異常細胞が増殖し、がんが発症します。

免疫力を高める治療

がん免疫療法は人がもともと持っている免疫の力を高めてがんを治療していく方法です。そのひとつに樹状細胞療法があります。樹状細胞療法は血液から分離した樹状細胞に手術などで取り出したがん細胞を取り込ませてがんの目印を学習させ、その働きを強化し再び体内にもどします。そして体内で活発にT細胞に指令をだしT細胞は受け取った目印を元にがん細胞を攻撃します。その為、副作用もほとんどありません。 樹状細胞療法は先進医療か自由診療になります。各医療機関において治療費もまちまちですが1コース(1クール)6回の治療で約150から190万円ほどになります。このように、樹状細胞療法費用がかかるので、医師や家族、患者本人としっかり話合いをした上で、治療を進めましょう。